ブログ

HOME > ブログ > 5段階資産形成④ 分散して働かせる

お知らせ

5段階資産形成④ 分散して働かせる

こんにちわFP-Noriです(*'▽')

資産形成ルールも4回目!

 

最後まで是非ご購読下さい☆

 

 

 

◇5段階資産形成④分散して働かせる◇

5段階資産形成の①~③は貯蓄の方法や考え方を書いてきました。

 

④は「分散して働かせる」つまり、

投資をするという事です。

投資というと「損をする」「借金して破たんした」などマイナスイメージがありますが、

それは自身の余力を見誤り、資金管理が出来なかった人のお話です。

勿論、余裕資金で行う事が前提になりますが、

なぜそれでも投資した方がよいかといいますと、

 

 

人は働いてお金を得て、生きるためにお金を使い、より良い毎日の為に、よりお金を使います。

その使われたお金は誰かの利益になり、富になります。

その富をあなたの富にするには、その利益の源泉であるポジションにいるしか方法はない。

その手段が投資であるので、投資行った方が良い。

 

 

 

例えば投資の効果を例に挙げると、

 

年間100万円貯金出来る人がいるとします。

年間の貯金額を10%あげるには、

月給とボーナスを1年間で10%近く上げなければなりません。

それは簡単なことではありません。

しかし、貯金した100万円を1年で110万円にすることはできます。それが投資です。

その反面90万円になってしまうかもしれません。それが投資です。

しかし、90万円でも投資を続けた結果、翌年には120万円になっているかもしれません。それも投資です。

 

 

「市場を完璧に読むことは出来ないが、いつか勝つことは必ず出来る」と言われます。

実は簡単なルールを守るだけで誰でも勝つことが出来ます。

 

それは、

 

 

「勝つまでやめない」です。

毎月10,000円の商品を定期的に購入しています。

この商品の値段は毎月変動します。

ある月にその商品が9000円に値下がりし、しばらく購入を続け、

その商品が12,000円になった時に購入をやめ、売却しました。

そうすると持っている商品の価値が12,000円なのに、

実際支払った金額はそれよりも安くなります。

 

平たく言うと、

”負けている時に辞める奴は負け、勝つ時期は不明ですが、勝つまで絶対に続けることで誰でも最後は勝てる”という事です。

 

投資先を考える際に、将来どこかで値上がりするものを選び、兎に角勝つまで続ければいいのです

 

 

アベノミクスで恩恵を受けた人は皆、

「日本株なんてだめだよ」という声の中、

むしろ安く買えるチャンスだと買い続けた人です。

 

「アメリカなんていつ何があるかわからないから怖い」なんて言っている人に、

いつも教えている事があります。

あなたも下記の問題を考えてみてください。

 

Q.過去30年間毎月10万円ずつアメリカのダウ工業株価指数30種平均に投資していた人は

合計金額3600万円(10万×12か月×30年)の投資額に対して、現在の資産価値はいくらになっているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

A.1億4000万円

 

 

 

 

これが”期間分散”の力です。

その他にも商品分散・解約分散のテクニックがありますが、

それはまた別の機会に。

 

聞きたい人はこちらまでご連絡下さい。

 

長かったですね。。。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*'▽')

 

次回は[getpost id="136"]

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > ブログ > 5段階資産形成④ 分散して働かせる

© FP-Nori.jp
住宅購入・保険・証券・ローンについてどんなご相談も無料でお受けいたします
ご相談はこちら