ブログ

HOME > ブログ > 積立投資④ 投資信託の順番

お知らせ 証券(株・投資信託)

積立投資④ 投資信託の順番

 

 

こんにちわFP-Noriです('ω')ノ

 

積立投資について3回書いてきました。

今回は、もし1万円ずつ投資信託を購入していくとしたら

どの順番で商品を買うべきでしょうかというお話です。

 

ちょっと具体的な話になってきましたね!その分内容難しいです。。。。

 

 

 

私は、お客様の現在環境や収入形態。

事業内容やゴール設定を大切に提案をしていますが、

最初に投信のお話をするときには下記の順番で

購入口数を増やしていく方法をお勧めしています。

 

 

◇積立投資信託の買う順番◇

 

①節税効果のある商品(積立NISA 認定商品)

→国内株INDEX、ひふみ、先進国、バランス配分型

 

②世界株式(長期戦略の要)

→世界・先進国・グローバルの各種INDEX

 

③米国株式(世界経済に付いていく)

→米国大型株・AI/IT関連株

 

④日本中小型ベンチャー株(短期間利益)

→国内中小型株・ベンチャー専門株

 

⑤世界安定債券(世界株安の際のリスク補てん)

→グローバル債券・豪州債券・米国債券

 

⑥欧州株式(経済覇権の推移に対応)

→スイス株・欧州株(国別はスイスのみ)

 

⑦アジア・新興国の製造業株など(高利回りと経済覇権の推移に対応)

→東南アジア製造株(但しチャイナリスクに注視)

 

⑧リスク有りの高利回り商品

→日本株ブル・世界/米国/日本REITなど

※但し、期間・戦略・目的が明確である場合は個別に提案を致します。

 

 

 

たしかに、個人的な考えが強いランキングですが、

商品の個々での良し悪しは結果からならいくらでも言えますが、

買うタイミングではあくまで戦略重視になってしまうんですよね。

 

 

細かい解説は次回よりいたします!

一回ではとても書けません。。。。。

 

お楽しみに!

 

個別のご相談はこちらまで

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > ブログ > 積立投資④ 投資信託の順番

© FP-Nori.jp
住宅購入・保険・証券・ローンについてどんなご相談も無料でお受けいたします
ご相談はこちら