YouTube・ブログ

HOME > YouTube・ブログ > 自治体別の妊産婦医療費助成制度

新婚・出産時に知るべきこと

自治体別の妊産婦医療費助成制度






◆だれに役だつ?





妊産婦医療費助成制度とは、健康保健や国民健康保険に加入されてる方が妊娠中、受けられる制度です。対象になるものや申請先申請方法は自治体で異なりますが、窓口負担額3割が助成の対象になります。 例えば、病院の窓口で3割負担5000円を請求された場合、その5000円が対象です。 東京都(八王子市及び町田市を除きます)にお住まいの場合は、5つの疾患が対象になり、前年の所得税額が30000円以下の世帯又は、対象疾患の治療についての入院見込み期間が26日以上の方が対象です。 申請方法は、必要書類を準備して入院前又は入院中にオンラインや郵送で申請する事出来ます。 退院後に申請される場合は3ヶ月以内限り遅延理由書を添付の上、退院後の申請も受付ている様です。 ただし、手続きが遅れた場合、医療費の助成が受けられないこともあるので注意が必要です。




























◆メリット(50文字程度)





妊娠に伴う疾患は入院が長引き、医療費が高額になる可能性が高いのでその医療費を補えるのはとってもメリットがあると思います。









デメリット(ex築古住宅では適用できません 30文字程度)














◆感情・愛情(50文字以内)





何かと不安な事が多い妊娠期間中は、気をつけていても妊娠によって病気になってしまう事もあり、入院機関が長引く場合があります。入院期間が長引けばその分医療費も高くなり不安も増してしまいます。お金の不安を制度を使って補える事は、家計の圧迫を回避する方法の一つでもあると思います。対象疾患や申請期間は自治体で異なるため、ご自身で確認頂く事が必要ですが助成対象であれば安心材料として申請される事をおススメします。









ソース・他ブログなど





東京都保健福祉局 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/kosodate/josei/n_ketsuatsu.html 申請するだけでもらえるお金/妊産婦医療費助成制度



SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > YouTube・ブログ > 自治体別の妊産婦医療費助成制度

© FP-Nori.jp
豪華特典ーアンケート回答でamazonギフト500円
LINE友だち申請